01 三次元プリンタを基軸とした次世代ものづくり研究会

研究課題名
三次元プリンタを用いた鋳造技術の高度化に関する研究

代表機関名 (独)国立高等専門学校機構 岐阜工業高等専門学校


 三次元プリンタを基軸とした鋳造技術の高度化に取り組む。三次元プリンタにより鋳型を直接出力し、鋳造を行うことで、鋳型製作の時間的・金銭的コストを低減するとともに、製作精度の向上を試みる。また、鋳型材料に高温耐熱なものを新規に開発することにより、高温材料による鋳込みを可能とする。

02 Tailored Design研究分科会

研究課題名
スポーツ用具・介護用途を始め、自動車・産業関連全般用途に向けた、異形状・複雑形状断面の組物CFRPに関する研究開発、および、ハイブリッド組物CFRPの発展

代表機関名 国立大学法人 岐阜大学


 組物CFRPは、異形状・複雑形状断面のものを作製することも得意である。今回、異形状・複雑形状断面の組物CFRP開発を掲げ、スポーツ用具・介護用途を始め、自動車・産業関連全般用途への有用性を検討する。また、樹脂ハイブリッド化による耐衝撃性・振動減衰性の向上を利用した、杖などの介護用途に向けた製品化を目指す。

03 CFRP製吸音パネル開発研究会

研究課題名
CFRP製吸音パネルの試作開発研究

代表機関名 国立大学法人 岐阜大学


 航空機エンジンに用いる吸音パネルを、アルミからCFRPに置き換え、重量軽減と耐腐食性向上を図りたい。しかし、多孔板を作るには、大量の小径孔加工と接着法の確立、吸音性能の評価が必要である。そこで、地域イノベーションプログラムで開発した、ブラスト孔加工法の活用を図り、パネル接着法の確立と、吸音性能の測定評価を行う。

04 スケルタル粒子活用研究会

研究課題名
癌スクリーニング用デバイスの研究開発

代表機関名 国立大学法人名古屋工業大学先進セラミックス研究センター


 癌患者には特有の臭気があることが知られている。これを検出することで、患者と健常者を、患者に負担をかけずにスクリーニングできる。この検査を可能にするための、機能性粒子の合成法の確立とデバイス化を目指す。

05 リサイクルCF活用研究会(スポーツ用品分野)

研究課題名
スポーツ用品への適用を目的としたリサイクルCF活用技術の研究

代表機関名 ミズノテクニクス株式会社


 リサイクルCFで作製された不織布などから、スポーツ製品への応用に適したプリプレグやスタンパブルシートを作製する。さらに、実際にスポーツ製品(ゴルフヘッド、スパイク底等)の素材として活用し、製品試作と可能性評価を行うことで、実用化を目指す。

06 理美容ハサミ研究会

研究課題名
新規低コスト製造技術及び切れ味評価方法の開発

代表機関名 株式会社ミュウ


 安価で高品質な理美容ハサミを製品化するために、表面処理を適用するとともに低級素材を高強度化する新たなハサミの製造工程を開発する。一方、ユーザーの要望を的確かつ定量的に製品に反映させるために、ハサミの切り味を評価する新しい方法を開発する。

07 NOX浄化触媒研究会

研究課題名
NOX浄化触媒、触媒担体に関する研究開発

代表機関名 株式会社TYK


 高温排ガス浄化を目的とした新規NOX低減ハニカム触媒の開発を行い、環境リスク低減商品として鉄鋼業をはじめとした工業用炉分野への製品化を検討する。

08 オゾンマイクロバブル繊維研究会

研究課題名
圧壊型オゾンマイクロバブルによる高強度繊維の表面改質と染色

代表機関名 国立大学法人 岐阜大学


 酸化力に加えオゾンマイクロバブルが自己圧壊する際に生じるラジカル等に着目し、繊維表面の改質を行う。対象とする繊維は、アラミドやカーボン繊維など高強度繊維とし、染色性や樹脂との接着性を改善する。

09 スポーツ用義足研究会

研究課題名
スポーツ科学に基づく義足用CFRP板ばね足部に関する研究

代表機関名 株式会社今仙技術研究所


 本研究では、これまでの開発経緯を基にスポーツ科学に基づく解析を行い、研究会員が一丸となって中級者から上級者に向けたアスリート用CFRP板ばね足部を研究、開発、実用化することを目的とする。また、2020年東京パラリンピックにて、本研究で開発された日本製板ばね足部を使用した日本人メダリストが輩出される事を目標とする。

10 オートモーティブ・コンポジット研究会 熱可塑性樹脂複合材料界面評価分科会

研究課題名
炭素繊維と熱可塑性樹脂の界面特性と成形材の力学特性の解明

代表機関名 株式会社岐阜セラツク製造所


 サイジング剤の違いによる濡れ性、界面せん断強度、成形材の強度を測定してその関係性を明らかにし、効果のあるサイジング剤の開発を行う。