01 医薬品製造プロセス研究会

研究課題名
モジュール式卓上型医薬品製造システムの開発

代表機関名 高砂工業株式会社


 原料から医薬品のオンデマンド製造を可能にする卓上型医薬品自動製造システムの基盤技術開発を目指す。

02 義足膝継手の軽量/低コスト化研究会

研究課題名
高活動者向け義足膝継手のCAE最適設計による軽量化と低コスト化に関する研究

代表機関名 株式会社今仙技術研究所


 本研究は、義足の幅広いユーザー(低活動~中高活動者)が安全で快適に歩行可能な立脚相制御機能を持ち、且つ軽量で安価な膝継手を開発し、実用化することを目的とする。
 当膝継手の実用化により、国産膝継手のシェア拡大を図るとともに義足歩行を諦めた方に、もう一度自分の足で歩く喜びを提供したい。

03 ゾルゲル膜の窒化による表面改質研究会

研究課題名
鋼表面にコーティングしたゾルゲル膜の窒化による表面機能の発現

代表機関名 国立大学法人 岐阜大学


 鋼などの表面にゾルゲル法によって酸化物薄膜をコーティングし、これを高温、アンモニア-水素雰囲気中で窒化処理することで、鋼の表面窒化と表面へのAlTiNなど複合金属窒化物やTiCNなど炭窒化物膜などの生成を同時に行い、鋼表面の硬化、潤滑性、溶融金属に対する耐食性向上などの機能付与を目的とする。

04 リサイクル炭素繊維再利用研究会

研究課題名
リサイクル炭素繊維を用いた高強度複合材料を実現するための混練法

代表機関名 国立大学法人 岐阜大学


 不連続となったリサイクル繊維を、再利用する際の樹脂との混練において、繊維長と分散を両立できる方法開発する。不連続炭素繊維を樹脂フィルムにより連続的な紐状にすることにより、連続繊維と同様に混練機のベントからDirect Feed可能とする技術を開発する。

05 金属AM技術高度化研究会

研究課題名
金属AMを活用した金型製造技術の高度化に関する研究

代表機関名 国立大学法人 岐阜大学


 金型製造技術としての金属AM技術の高度化の実現を目標とする。金型に要求される機能を満足する造形技術、加工技術の確立を目指す。また、金属AMにより製造された金型の特徴を活用した生産加工技術の開発を目指す。

06 三次元プリンタを基軸とした次世代ものづくり研究会

研究課題名
三次元プリンタを用いた鋳造技術の高度化に関する研究

代表機関名 (独)国立高等専門学校機構 岐阜工業高等専門学校


 三次元プリンタを基軸とした鋳造技術の高度化に取り組む。三次元プリンタにより鋳型を直接出力し、鋳造を行うことで、鋳型製作の時間的・金銭的コストを低減するとともに、製作精度の向上を試みる。また、鋳型材料に高温耐熱なものを新規に開発することにより、高温材料による鋳込みを可能とする。

07 CFRP製吸音パネル開発研究会

研究課題名
CFRP製吸音パネルの試作開発研究

代表機関名 国立大学法人 岐阜大学


 航空機エンジンに用いる吸音パネルを、アルミからCFRPに置き換え、重量軽減と耐腐食性向上を図りたい。しかし、多孔板を作るには、大量の小径孔加工と接着法の確立、吸音性能の評価が必要である。そこで、地域イノベーションプログラムで開発した、ブラスト孔加工法の活用を図り、パネル接着法の確立と、吸音性能の測定評価を行う。

08 スケルタル粒子活用研究会

研究課題名
癌スクリーニング用デバイスの研究開発

代表機関名 国立大学法人名古屋工業大学先進セラミックス研究センター


 癌患者には特有の臭気があることが知られている。これを検出することで、患者と健常者を、患者に負担をかけずにスクリーニングできる。この検査を可能にするための、機能性粒子の合成法の確立とデバイス化を目指す。

09 リサイクルCF活用研究会(スポーツ用品分野)

研究課題名
スポーツ用品への適用を目的としたリサイクルCF活用技術の研究

代表機関名 ミズノテクニクス株式会社

 リサイクルCFで作製された不織布などから、スポーツ製品への応用に適したプリプレグやスタンパブルシートを作製する。さらに、実際にスポーツ製品(ゴルフヘッド、スパイク底等)の素材として活用し、製品試作と可能性評価を行うことで、実用化を目指す。

10 理美容ハサミ研究会

研究課題名
新規低コスト製造技術及び切れ味評価方法の開発

代表機関名 株式会社ミュウ


 安価で高品質な理美容ハサミを製品化するために、表面処理を適用するとともに低級素材を高強度化する新たなハサミの製造工程を開発する。一方、ユーザーの要望を的確かつ定量的に製品に反映させるために、ハサミの切り味を評価する新しい方法を開発する。